講師派遣 愛知県学校保健会県立学校部尾張支部 尾北地区養護教諭部会 報告

イベント開催日 2019年07月24日
講義風景
講義資料

1.概要

派遣日時 2019年7月24日(水)10:00~12:00
会場 北名古屋市総合福祉センター もえの丘 研修室
受講者 愛知県学校保健会県立学校部尾張支部 尾北地区養護教諭21人 (高等学校の養護教諭)
講師 富永さかえ・近藤俊郎
テーマ 令和元年度夏季研修会
「学校のカラーユニバーサルデザインを考える」 ―色覚の知識と子供への配慮・指導―
内容
  1. 団体紹介 教育機関向け講師派遣の事例
  2. 色覚の知識(色覚の多様性を理解する)
  3. ワークショップ
    ・色弱模擬体験(CUD チェックツール バリアントール・色のシミュレータを活用)
    ・色紙の分類体験
    ・教材の色チェック
  4. 学校のカラーユニバーサルデザイン CUD 事例・子供への配慮・指導
  5. アンケートおよびアンケート結果の共有

2.講師より一言

今回の受講者は高等学校の養護教諭の方たちでした。大変熱心に参加いただきました。アンケートの中で「CUD の取組みについて、今後取り組みたいことは何ですか」の質問では、「色のシミュレータを使い、学校内の色づかいを見直したい」「チョークを確認し CUD 対応チョークでなければ、対応チョークを提案したい」「全職員に、より具体的に色覚や CUD の情報提供をしていきたい」等の回答をいただきました。

また「今回のような研修を現職研修のような形で行って欲しい」等、他の教職の方々にも色覚の知識や CUD を学ぶ機会を希望する声を多くいただきました。

尾北地区養護教諭部会の皆様、ありがとうございました。当会は今後も学校の CUD 推進のため、多くの教育機関で講演やワークショップを行えるよう活動していきます。