「ボラみみ9・10月号」に色弱者募集記事が掲載されました

名古屋・愛知のボランティア情報誌「ボラみみ9・10月号」に、当会の募集記事「色弱当事者としての協力募集」が掲載されました。(発行:特定非営利活動法人ボラみみより情報局/無料)
10ページ目に掲載されています。

この情報誌は発行部数10,000部で、2020年9月2日現在、全配布先は約710ヶ所です。
配布先の詳細は、ボラみみ配布先をご覧ください。
http://www.boramimi.com/haihu/#a15
皆様のお住まい近くでぜひ入手のうえ話題にしていただき、PRくださいますようお願い申し上げます。

配架場所につきましては、各配布先の受付やサービスカウンターなどで尋ねください。

当事者の方の応募をお待ちしております。  

「色弱当事者としての協力募集」 募集内容

色弱者とは、色覚障害、色覚異常などと呼ばれてきました。色覚が一般色覚の人と異なる人のことです。社会では色覚の違いを問わない分りやすい色づかいCUD(カラーユニバーサルデザイン)への取組みが急務です。印刷物やWEB、製品、施設などの配色を検証評価していただきたいです。また、色弱も幾つかタイプに分かれていますから自身のタイプをきちんと知り、一般色覚、色弱を問わずお互いの見え方を理解しましょう。

  • 【実施日時】随時受け付けています。
  • 【会場名称】NPO人にやさしい色づかいをすすめる会事務局
  • 【参加定員】なし
  • 【申込方法】ホームページの「色弱当事者募集」申込フォームから、または電話、Eメールにてお申込ください。
  • 【申込締切】なし
  • 【団体名】
    NPO人にやさしい色づかいをすすめる会
    (団体情報詳細)
    担当:富永
    携帯:090-1750-1666 (9:00ー20:00)
    E-mail:info@cud.nagoya
    団体URL:https://cud.nagoya/
    イベントURL:https://cud.nagoya/become-a-member_form1/
  • 【その他】
    お申込資格:色弱の当事者ならどなたでも制限はありません。
    お申込に必要なこと:NPO人にやさしい色づかいをすすめる会の会員登録。色覚タイプを知らない方は会員登録前後に、精密検査を受診いただく。
こちらからシェアできます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
閉じる