会の概要

設立趣旨

人にやさしい色づかいをすすめる会のはじまり

自らも色弱者である伊藤啓先生(現 東京大学教授)と岡部正隆先生(現 東京慈恵会医科大学教授)が2001年より科学者向けに「色覚バリアフリー」を啓発する活動を行ってきました。

その活動は多方面に広がり、色彩学者、医学者やデザイナーなどが合流し、企業、行政、団体などに対して、科学的で実用的な助言を行うようになり、2004年10月に特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構(通称CUDOクドー)が設立されました。

この活動は10年を経て認知が進むと同時に、ますます普及の必要性が求められるようになりました。

こうした状況の中、愛知を中心としたCUDOの賛助会員が集い、この活動を加速させるため、CUDOの協力を得ながら2015年1月に非営利団体「人にやさしい色づかいをすすめる会」を設立いたしました(2017年10月より「NPO 人にやさしい色づかいをすすめる会」と名称表記を変更)。

 

ごあいさつ

社会はこれまで色弱の人たちの存在をあまり意識することなく、彼らがどんな色の見え方をしているのかもよく知らないまま、製品やサービス等を提供してきました。しかし、今から十数年前、人間の色覚に感する科学的知識に基づいた、どのような色覚の人にも分りやすく整理された配色デザインを普及させることで、色による情報格差が生じない安心、安全な社会づくりをする活動が始まりました。それがカラーユニバーサルデザイン(略称CUD)です。今では様々な表示が、少しずつ着実にCUD化されてきています。この取り組みが、社会全体の取り組みに広がることを心から願い、普及活動をしています。

 

主な活動内容

人にやさしい色づかいをすすめる会は、こんな活動をしています。

  • CUD普及のための勉強会や講演会公開イベントの企画と実施
  • 色彩・色覚に関する知識の習得
  • CUD手法の習得
  • CUD現状調査と改善活動

 

運営組織

世話人会

  • 富永さかえ/世話人代表・団体代表
  • 林羊歯代
  • 三浦均
  • 水野史土

 

顧問

  • 安間哲史/愛知県眼科医会名誉会長・安間眼科院長
  • 伊賀公一/NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構 副理事長

団体登録をしている公共機関


CUD普及活動グループ団体



事務局

NPO人にやさしい色づかいをすすめる会事務局
所在地:〒464-0008 名古屋市千種区宮根台1-15-16
TEL:090-9183-1049
FAX:052-771-3514
メール:info@cud.nagoya

関連ページ

CUDに興味のある方、活動に賛同してくださる方、共に活動してくださる会員を募集しています。 詳細はこちら

人にやさしい色づかいをすすめる会の企業会員を紹介します。ウェブサイトでの紹介を希望された会員様のみ、紹介しております。 詳細はこちら